草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
My Sister JodieMy Sister Jodie
(2009/04/06)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

(YL:6.5、100,000語)

たった今読み終えました…
りとるさんが「衝撃的だった」と書いてましたが、ラストはほんとに衝撃的。そして最後の最後でタイトルの意味がわかりました。

恋愛系ではなく姉妹、家族の物語。Jacqueline Wilsonさんの本では真面目でけなげな長女が主人公になってることが多いのですが、この本では妹のPearl(真面目でけなげ)が主人公で、奔放な性格のJodieに振り回されてます。
Bossyという言葉はJodieのために作られたのでは?と思うほどBossyなJodieにかなりイライラしました。何故そこまで人の嫌がることを言ったり行動したりできるんだろうと…
反面、PearlのBoy FriendのHarleyは穏やかで優しい性格で、この二人の仲がもう少し進展したら…と思いました。

りとるさんも書いていたようにとにかく長いです。そんなに大きなイベントもなく(後で考えればラストに向けての伏線だったのかな…と思えるようなシーンもありましたが)淡々と進むのであまり読書スピードは上がりません。

でもラストの衝撃、そして最後の最後にわかったタイトルの意味、で読んで良かった!と思いました。

これまでの総語数:3,217,223

次はLily Aloneを読む予定です。
Lily AloneLily Alone
(2012/01/02)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る


スポンサーサイト
不思議の国のアリス、読了しました。
Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking GlassAlice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass
(2000/12/12)
Lewis Carroll

商品詳細を見る


(YL6.5 語数:26,000 面白かった度★★★)

単語は難しいけど英語は難しくない。だけど良くわからないのは背景がわからないからかな…あまりにもわけがわからないので、翻訳版の本を探したら、無料のサイトがこちらにありました。翻訳を読んでもやっぱり訳が分からないところも多数。You are old, Father Williamとか…
くすっと笑えて楽しい部分もありましたが、めちゃくちゃ楽しんで読む、というまでには至りませんでした。でもわからないなりにもAudible音声は楽しく聞けました。不思議なことに、本を見ながら聴くよりも音だけを聴く方が頭にすっと入ってくるような気がします。

映画やアニメに出てきたトウィードルダムとトウィードルディーは続きの鏡の国のアリスに出てくるようですね。こちらもぼちぼち読んでいこうと思います。

今までの総語数:2,931,495語
The Worry WebsiteThe Worry Website
(2008/04/15)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

(YL6.5 語数20,000 面白かった度★★★★)

久々のJacqueline Wilsonさん。楽しく読めました。レベル6.5だったんだ…確かにわからない単語は結構ありましたが、文字も大きいしイラストもあるのでレベルの割に読みやすかったです。
Speed先生が立ち上げたWorry Website。誰でも匿名で悩みを書いて、それにまた匿名でクラスメイトが返事を書くという仕組み。表紙の子供たちが悩みを書いていきます。一話ずつ完結してるのだけど、それぞれの話が少しずつ関連しています。
子供の悩みって可愛いな…と思えるものから深刻なものまで。じわっと涙が出そうな話もあったけど最後はハッピーで良かったです。

多読と関係ないけど勝谷誠彦さんの新作本がAmazonから届きました。勝谷さんの有料メールマガジン(読み応えありお勧めです!)で発売を知って予約していたのです。
ディアスポラディアスポラ
(2011/08/04)
勝谷 誠彦

商品詳細を見る

もうすぐ夏休みなので、休み中に大事に読もうと思ってます。

昨日の夜読み終えました。やっぱりHolesは面白いです。
HolesHoles
(2000/05/09)
Louis Sachar

商品詳細を見る

(YL6.5 語数:46,938 面白かった度★★★★★★)

再読ということを割り引いても(ほとんど話を覚えてなかったし)、後半になるとイベント目白押しで読むスピードがぐんと上がりました。最後の方はカチッ、カチッとパズルがはまっていく感じで電車の中で読んでいたのに思わずあーっ!と声をあげそうになりました。Stanleyが3代にわたって同じ名前を名乗っていたことにも意味があったのね…とか。前回はそこまで面白いとは思わなかったのですが、今回読んだ感想は「今まで読んだ本のなかで一番面白い」です。

一度目に読んだ時よりは理解度が上がったと思います。多読を続けていてもあまり力がついた実感はないのですが、継続は力なりということでしょうか。この勢いを借りてSmall Stepsに挑戦します。

(これまでの総語数:2,694,911 語)

続きは多読とは関係ないつぶやき。ダイエット宣言です。
続きを読む
今日は一応平日。
フツーの会社員にとっては貴重な平日のお休みなので、市役所と銀行へ行って用事を済ませてきました。
きっと混雑していて待たされるだろうな…と覚悟して本を持っていきましたが、銀行では案の定かなり待たされて結構読み進めることができました。はぁ。銀行に行くと何かを吸い取られるような気がします。

今読んでいるのはHolesです。
HolesHoles
(2000/05/09)
Louis Sachar

商品詳細を見る


Holesの続編のSmall Stepを読みたいのでその前にHolesを思い出さなくては、ということで。
2回目なので結構早く進みます。そして読む前はあまり話を思い出せなかったのですが最初の数ページを読んだら色々思い出しました。今は2個目の穴を掘ったところです。

以下、触れるので隠します。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。