草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変ご無沙汰しております。
気が付けば今年初めての更新です。すみません。
The Cat Who Wanted To Go HomeThe Cat Who Wanted To Go Home
(2004/10/30)
Jill Tomlinson

商品詳細を見る


(YL3.2 語数:8000語 面白かった度★★★)今までの総語数:3650,635語


この本、Audibleで聴くだけは聴いていたのですがやっぱり可愛い猫ちゃんの絵が見たい!と思い本を買って聴き読みしました。本は初見だけどお話は知っているので再読ですね。

聴くだけで雰囲気はわかってましたが、改めて読むと知らない単語がたくさんありました。

単語力強化…というか基礎からもう一度しっかりやり直さないといけないです。

このブログを始めた頃の初心に戻って英語も中国語も頑張らないと!

ということで、最近Studyplusという無料アプリをiPodTouchに入れてみました。

このアプリは語学学習だけでなく受験勉強や資格試験の勉強など、いろんな教材を登録できるのが良いです。

中国語は良くやりこんだこの教材の復習から始めましたが、文字が書けないどころかピンインの読み方も怪しくなっていて…(涙)。
中国語の文法 基本例文暗唱ドリル中国語の文法 基本例文暗唱ドリル
(2007/05/24)
本間 史

商品詳細を見る


はい。基礎の発音からやり直してます。
アタマで知り、カラダで覚える中国語の発音アタマで知り、カラダで覚える中国語の発音
(2007/05/18)
日下 恒夫

商品詳細を見る


久し振りに読むと良いこと書いてます。中国語のuは日本語の「ウ」とは違う、とか。

中国語を勉強しているとまた中国へ行ってみたくなります。
pm2.5がおさまって政治情勢も安定していたら…中国で美味しい小龍包を食べたい!

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ



スポンサーサイト
My Father's DragonMy Father's Dragon
(2005/12/27)
Ruth Stiles Gannett

商品詳細を見る


(レベル3 語数:7,385語 面白かった度★★★★)

最近多読仲間の方々が次々と読了報告してるので私もそろそろ読まないと…と思いつつ、なかなか重い腰が上がりませんでした。

色々読みかけては放置の繰り返しで…(>_<)

勢いをつけるために一度読んだ本で短い絵本を…と思い出したのがこの本です。

表紙の三つ編みライオンが可愛いんですよね。
以前にも書いたけどフルカラーバージョンが欲しいです。

以前読んだのは多読を始めた頃。もう5年近く前です。
(以前の記事はこちら →★ )

その頃と比べてスラスラ読めるようになってるかは疑問です。
相変わらずわからない単語も多いし。

もう少しこういう感じで洋書に慣れたら単語強化もしたいと思います。

焦らず ゆっくりと 楽しんで。

次はなにを読もうかな~
The Case of the School Ghost (Buddy Files)The Case of the School Ghost (Buddy Files)
(2012/03)
Dori Hillestad Butler

商品詳細を見る


(YL3.0 語数:11,000くらい? 面白かった度★★★★)

Buddy Filesシリーズ第6巻です。Kindle版で読みました。
タイトルの通り、学校にはAgathaという名前の幽霊が出るという噂が。
Sleep overに参加できることになったBuddy君が幽霊の謎を解きます。

Buddyくんはにおいでウソがわかるんですね。幽霊を見たと言う子の話がウソだとすぐに気づいてしまいます。途中でコックリさん(って全国で通じるのかしら?)のようなことをして幽霊と話すシーンがあり、幽霊話って世界共通なのかな~なんて思いました。






続きを読む
The Case of the Library Monster (Buddy Files)The Case of the Library Monster (Buddy Files)
(2011/03)
Dori Hillestad Butler

商品詳細を見る


(YL3.5 語数:11,456 面白かった度★★★★★)

Buddy君シリーズ5冊目です。図書館でちらっと見た生き物の謎をBuddy君が解いていきます。
相変わらず人間は犬の言葉をわかってくれなくてやきもきするのですが、Buddy君は粘り強くにおいを嗅ぎながら謎を解いていきます。
今回はKindle版で読みました。Kindleは便利だけどやっぱり紙の本の方が読みやすいような気がします。Buddy君シリーズのような薄い本なら紙の本、分厚くて重い本はKindleと使い分けるのが良いかな?

気が付いたらもう9月も終わりですね。早いものでムーの49日も過ぎました。特に何をしたわけでもないけど、これで一区切りです。



The Case of the Fire Alarm (Buddy Files)The Case of the Fire Alarm (Buddy Files)
(2011/03)
Dori Hillestad Butler

商品詳細を見る


(YL3.5 語数:13,255 面白かった度★★★★★)

Buddy君シリーズ4冊目です。いろいろあったけど新しい家族のConnor,Momと一緒に暮らすことにしたBuddy君。訓練を受けて学校のTherapy dogになります。もう探偵犬は卒業!のはずが学校で事件が起こり…またまた探偵として大活躍のBuddy君なのでした。

4冊の中で一番謎解きって感じでした。犯人の候補は3人。ほんとの犯人は誰なのか?そしてその裏事情は…?
このシリーズ、今購入できるのはこの4冊だけなんですよね。また新しいBuddy君に会いたいです。

この本、読み終わったのは一週間以上前なのですが、パソコンの調子が悪くてブログ更新できませんでした。ようやく電源は入るようになったもののキーボードが言うことを聞かず。ということはログインさえもできない(汗)。amazonでUSB接続キーボードを買ってしのいでいますが、動きも遅いので新しいマシンを買わないといけません。

次に読んでいるのは不思議の国のアリスです。Audibleで音声データを買ったので聴き読みで。
難しくてなんだか理解できないところも多いけど、雰囲気だけわかれば良いや~と開き直って読んでます。現在7/12章。Hatterさんも出てきました。

Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking GlassAlice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass
(2000/12/12)
Lewis Carroll

商品詳細を見る


(今までの総語数:2,905,495)

290万語を超え、そろそろ300万語が目の前に見えてきました。通過本は何にしようかな…と考えてます。おススメ本があったら教えて下さい。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。