草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この歳になって今頃…ですが、先週ピアスの穴を開けました。

以前から開けてみたいとは思ってましたが怖さが先に立ってなかなか開けられず。
でも会社の女の子に「全然痛くないですよ」と背中を押され、勇気を出して病院を予約しました。

どきどきしながら病院に行ったわけですが、実際はあっけないほど短い時間で痛みもほとんどありませんでした。案ずるより産むが易しって感じ?もっと早く開ければ良かった。

耳の厚さに合わせたファーストピアス(最初の1か月はこれをつけ続けないといけない)を選んで先生の所へ行ったら、位置を決めた後一瞬で耳にピアスが装着されておしまい。

もっと時間がかかるかな~と予想してたので次の約束までぽっかり時間があいてしまい、どうやって時間をつぶそうか…と思い出したのが天王寺の喜久屋書店。併設のカフェには3冊まで本を持ち込み可能なのです。買おうかどうか迷っていた英語学習本と共に選んだのがこの絵本。大好きなArnold Lobelさんの本です。

Small Pig (I Can Read Book 2)Small Pig (I Can Read Book 2)
(1988/08/05)
Arnold Lobel

商品詳細を見る


(YL1.4 語数:800 面白かった度★★★)

泥んこに浸かるのが大好きなブタさん。まるで温泉に浸かるように幸せに泥につかっていたのに綺麗好きな奥さんに洗われて、泥んこの庭もきれいに掃除されちゃいました。怒ったブタさんは家出をしてしまい、困った事態に。
洗ってもらってきれいになり、リボンをつけてもらった姿も可愛いけど、泥んこにつかって幸せそうな顔をしているブタさんはもっと可愛いです。

最近、私の周りでTOEIC受験など英語の勉強をしている人が多くなり、多読を勧めています。まずは簡単な絵本から読むと良いよ~なんて偉そうに話してましたが私自身、最近こういう絵本を読んでなかったな…と反省。文字が少ない分わからない単語はくっきりと浮き立ち、そして絵によって「こういう意味?」とじっくりしっかり身体に沁みる気がします。それになんといっても童心に戻れるのが良いですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。