草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



レベル5なので私にはまだ早いかな?とも思いましたが、りとるさんの「結構読みやすい方かと思います」というコメントに背中を押してもらって読み始めました。

いきなり、いじめのシーンです。
主人公Mandyのお母さんは他の母親たちよりも年上で、しかも少々ふくよかな方で、そういうことを種にしてMandyは女子3人組みからしつこくいじめられています。

小学生ぐらいの頃って、こんな風にちょっとしたことがいじめの種になるんですね。
お母さんが若すぎるとか年寄りすぎるとか。お勉強ができすぎるとか。。
いろんなことを考えて、かなり読むのが辛かったです。

その後Mandyは近所に住むTanyaと出会い、二人は仲良くなるのですが色々と問題が起こり…

話がどんどん展開していくのでレベルや文字数の多さも気にならず、あっという間に読み終えました。

お話の最後もHappy Endでしたが、レベル5の本を読み終えることができた!というのが私にとってもHappy Endでした。とても嬉しいです。
このところJacqueline Wilson続きでしたが、もう手元の在庫はなくなったので、次はずっと前に買って放置していた「チャーリーとガラスのエレベーター」を読もうかなと思います。

(Lv5 語数:31,000 総語数:322,085)

30万語を超えました♪ 次の目標は50万語です。 
関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/10-bc293c00
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。