草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このところレベル高めの本が続いていたので、もう少し簡単な本が読みたくて図書館から借りました。
Frog and Toad と同じArnold Lobelさんの作品で、雰囲気も似ています。
Winterをお客様として家に入れてしまったり、ベッドの中のBumpsに驚いたり…ちょっとおかしなふくろう君ですが、一人で話が完結してしまうので、掛け合いの面白さがあるFrog and Toadの方が好みです。
これって漫才のM-1とピン芸人のR-1の違いに似てるのかしら。(今年のR-1はいまひとつ盛り上がりに欠けたような気がします。中山巧太はキライじゃないのだけど、去年の芋洗坂係長が強烈だったので…)

(Lv:1.4 語数:1,491 総語数:323,576語)



関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/11-2b458131
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。