草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Best FriendsBest Friends
(2005/03/21)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る


Jacqueline Wilsonが続いています。
この本はかなり前に購入していたのですが、なかなか手をつけることができませんでした。2冊のJWを読んだ後の勢いがあるうちに…と読み始めました。

GemmaとAliceは性格は正反対ですが大の仲良し。生まれた日も病院も同じで、生涯親友であり続けるのだと信じていました。ところが最近Aliceの様子がおかしいのです。GemmaはAliceの秘密をさぐるのですが・・(SSS書評より)

主人公Gemmaは活発な性格。対してAliceはおとなしく女の子らしい性格です。
JWさん本の主人公はAliceのようなおとなしい子が多いので、読み始めはなかなかGemmaに入りこめず読みにくかったです。中盤~後半に入ってようやくGemmaの気持ちに寄り添って読み進めることができました。


(YL:5.5 語数:43,000 面白かった度★★★★)

感想にはややネタバレを含みますので続きで。

大の仲良しの二人でしたが、Aliceが遠くに引っ越してしまい、状況が変わります。
毎日のようにE-mailでやり取りをしていますが、Aliceはパソコンを持っていないので向こうのお友達Flora経由でしかやり取りできない。Aliceは私よりもFloraとの方が仲良しなのではないかと疑ってみたり…

この頃の女の子同士の「お友達」ってまるで恋人同士みたいですね。みんなで仲良くじゃなくて一番のBest Friendはただ一人。大きくなって異性の恋人ができる前の疑似体験をしているのでしょうか。

そしてこの年頃の女の子にとって誕生日は大きなイベントなのですね。
今まではAliceと一緒にお祝いしていたのに…Aliceがいない誕生日なんて祝いたくない!と拗ねるGemmaに対して周りのみんなは優しく気づかってくれます。でもGemmaは素直になれずAliceからカードすら届かないと悲しい思いをします。

どんなに仲良しでも、別々の場所で過ごしているとどうしてもお互いのことがわからなくてすれ違ってしまうな~とせつない思いで読んでましたが、最後にAliceからもらったカードを読んで感動して泣いてしまいました。

離れていてもずっとBest Friend。

これからずっと逢えないけどBest Partnerは一人だけ。この気持ちをずっと持ち続けていたいです。




関連記事
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/118-d970ef15
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。