草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC (IP)テストを受けました。

私は英語を使う仕事をしているわけでもなく、英語を使ってキャリアアップしたいわけでもなく、単に多読の成果として前回と比べてどうなんだろう?というのが知りたいだけなのですが、やっぱり試験を受けるとなると「勉強しなきゃ」というプレッシャーが頭の片隅にあり少々しんどかったです。これでようやく解放されました。

前回受けたのは4月で、多読は30万語程度。現在は約140万語読んでいるので何らかの違いが出れば良いなと思ってますが、手ごたえとしてはそれほどの差がなく正直結果が出るまでわかりません。

前回は「直前の技術」というTOEIC対策本を直前にやっていて、とりあずPart5は一文全部読まずにささっと回答することで時間内に一応解き終わったのですが、今回はPart5も最初から読まないと気持ち悪い感じがして余計な時間を使ってしまい時間内に終われませんでした。
多読の効果かな?と思ったのは長文を読むのがそれほど苦じゃなくなったこと。でも苦にならない分、回答に必要じゃないところまで読んでしまって時間が足りなくなったのかもしれません。

あとリスニングはあまり成長してないような気がします。Part1,2はともかく、Part3,4は問題の先読みをすると聞こえてくる音に集中できないし、先読みしないと何が話題になっているのかをすぐに把握できないし。

試験対策はほとんどやってませんが、リーディングのPart5対策としてこの本を買いました。

1日1分レッスン!新TOEIC Test千本ノック!2 (祥伝社黄金文庫)1日1分レッスン!新TOEIC Test千本ノック!2 (祥伝社黄金文庫)
(2009/03/10)
中村 澄子

商品詳細を見る


文庫本サイズで軽くて持ち歩きやすいのは良かったです。問題があってぱらっとめくると裏に回答と解説というのも使いやすい。でもこれ難しいです。短い文なのにまあ読みにくいこと!
所々で「英文を読み慣れている人には簡単な問題です」と書かれてますが、私の読んでいるのは子供向けの英文で、こんな単語出てきませんって…というのが多いです。経済とか政治とかの用語が特にダメです。もう少しレベルが上がったら英語の新聞なんかも読まないといけないなと思いましたがいつになるやら…


というわけで多読とTOEICの点数とが相関するかどうかは疑問ですが、片隅、のTOEIC対策をしていて感じたのは

多読って素晴らしい

ということでした。
TOEIC対策本とか単語集(DUO買いました)とか英語耳(2冊目の途中で中断してます)とか色んな教材がありますが、相当高いモチベーションがないと続かないんですね。どこかで義務感のようなものを感じてしまうから。
その点多読は楽しいから続くんですね。TOEICの点数が上がらなくても楽しい趣味として多読を続けていければ良いかなと思ってます。







関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/121-37db0ce1
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。