草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angela's Ashes (Scholastic Readers)Angela's Ashes (Scholastic Readers)
(2006/05/22)
Frank Mccourt

商品詳細を見る


(Amazon書評より)
ピューリッツァー賞受賞作家フランク・マコートの胸に迫る回想録。テーブルにほとんど食べ物がなく、靴やコートが贅沢品だった、過酷でありながら心に強く響くニューヨーク市とアイルランドのリムリックでの幼少時代を、マコートは生き生きと描き出す。想像を絶するような厳しい物語に優しいユーモアを添えるアイルランドなまりの心地よい口調が語るのは、一家のなけなしの金をいつも飲み代に変えてしまうろくでなし、それでも大好きだった、思い出の中の父親のこと。助けることができたはずの弟や妹を病気と飢えで失った悲しみ、プライドを捨てて物乞いをする母親、玄関前の道にまき散らされた汚水の悪臭。思春期を迎えるころになると、マコートは貧困に対する羞恥心、シェイクスピアの美、性の謎、容赦なく行く手を阻むアイルランドのカトリック教会の力を知るようになる。忘れ得ぬ人々や瞬間が書きとめられた、悲痛で力強いこの作品は、若さには回復力と決断力があることを証明している。


昨年4月に買ったこの本についていた音声を聴いていたのですが、聞いているだけでは話があまりわからなくて本を買って聴き読みしました。

多読・多聴・シャドーイング最速ガイド―暗記も辞書も不要!英語力アップ!! (Gakken Mook 英語耳&英語舌シリーズ 5)多読・多聴・シャドーイング最速ガイド―暗記も辞書も不要!英語力アップ!! (Gakken Mook 英語耳&英語舌シリーズ 5)
(2009/03)
不明

商品詳細を見る


書評に書いているようにかなり過酷で悲惨な生活が描かれてます。
まず父親がろくでもない。プライドは高いけれども仕事は見つからず、ようやく仕事が見つかってもお金が入ったらすぐにお酒を飲んでしまう。そして母親にもあまり共感できませんでした。こんな父親で貧しい生活なのはわかっているのに次々と子供を作ってしまう…案の定というか、食べるものがなくて次々と死んでしまう兄弟たち。
それでも主人公のフランシスはPostOfficeの仕事+アルバイトでアメリカへ行くためのお金を貯め、アメリカへ渡ってからの未来を予感させるところで物語が終わります。

読んでもよくわからないところが多々ありました。これは英語がわからないというよりは背景の文化がわからないからかな~と思います。
音声データは一冊丸ごと入っていたので、松澤先生の英語耳、単語耳で推奨されている「Parrot's Law」の素材として
しばらく続けて聴いてみようと思います。


関連記事


こんばんは☆

以前、大好きなロバート・カーライルとエミリー・ワトソンが出演している映画版を鑑賞しようと試んだのですが、重くて結局見続けられなかったんです(汗)。やっぱり重々しいお話だったんですね。

多分、有名な作品だと思いますので、レンタルなんかで見つけられるかもです。ご興味がありましたら、是非。邦題は『アンジェラの灰』です(そのまんまですが・笑)。
2010/01/19(火) 19:22:25 | |りとる #-[ 編集]
りとるさん♪
こんばんは。
この本は映画のリトールド版なのです。映画を見たらもう少しわかりやすいかな~と思ってましたが、映画も重いんですね。
レンタルで見つけられたらえいっと気合を入れて見てみます。
2010/01/20(水) 22:42:20 | |いちごパンダ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/134-57f6761b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。