草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒツジ読みのパディントン、5章のPaddington and Old Masterまで読みました。
講談社英語文庫版で読んでます。

第1章のパディントンとの出会いとお風呂のエピソードは絵本で読んでたのでわかりやすかったのですが、その後はちょっと難しくて細かいところがわかりません。絵本もっと借りてみようかな。。。
でも徐々にブラウン家になじんでいくパディントンが可愛く思えてきました。

くまのパディントン - A Bear Called Paddington 【講談社英語文庫】くまのパディントン - A Bear Called Paddington 【講談社英語文庫】
(1999/12/01)
マイケル ボンド

商品詳細を見る
関連記事


こんにちは☆

第3章以降は、ブラウン一家以外の人たちとの関わりが出てくるので、少し摘み取りにくいですよね。私も前回は、サラっと流した所も多いので今回は、熟読できれば良いなって考えています。

パディントンが、いかにはちゃめちゃ大騒動を起こし、そしてブラウン一家に愛されているのかを感じられれば、この第1巻は大丈夫かと思います!
2010/01/21(木) 10:38:45 | |りとる #-[ 編集]
りとるさん♪
励ましありがとうございます。
地下鉄の章と洋服やさんの章では「なんだかわからないけども騒動を起こしてる」程度しかわかりませんでしたが、さらっと流して、次回以降に期待とします。
2010/01/21(木) 22:08:59 | |いちごパンダ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/135-240b4d21
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。