草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Charlie and the Chocolate FactoryCharlie and the Chocolate Factory
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る


少々フライング気味ですが、ヒツジ読みのチャーリーとチョコレート工場を読み始めました。
実はこの本、多読を始めたころ一度読んでます。記録を見るとFrog and Toadの次にいきなりこれを読んだことになってます。我ながらなんて無謀なのでしょう(笑)。併せて映画も見たので、読んだというより「この部分は映画のあのシーン」と納得し、イラストを眺めているうちに返却期限が来て返した、というのが実際だと思います。

再読ということもあり、パディントンと比べるととても読みやすいです。イラストも結構多いし。
なんで1月末から開始なの?バレンタインが近いから?と謎でしたが読んでみて納得しました。今は工場の中に入ったところです。

読んでいると無性にチョコレートが食べたくなります。Wonkaチョコはたまにソニープラザなどで見かけましたが、まだ売ってるのでしょうか?ダイエット中には読まないほうが良いと思います。


関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/137-0516e05d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。