草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験が近づいてきましたが、勉強はあまり進んでません。
先週の前半は本を持ち歩いて通勤時間に読んでたのだけど、重いし、帰りは疲れてるのでお勉強モードが嫌になってAmazonで買った「Someday Angeline」を読んだりしてさぼっていたのです。

予定では先週中にこの本を読み終えるはずだったのですが、だらだら読んでても進まないので今日頑張って模擬試験をやってみました。


感想。

本を読んだだけではテクニックは身につかない!

Part5は13分、Part6は7分で終えてPart7に時間を残しなさいと書いてますが、かなり練習しなくてはそんなことできません。ロバート・ヒルキ先生もPractice,Practice、and Practiceと言ってたっけ。

Part3とPart4は問題の先読みが大事といってますが、問題が3つもあったら見られません。
Part4の長文の間は、問題&回答を見てるのが良いのか、聞くのに集中するのが良いのか・・??

でもちょっと成長したなかも、と思ったのは、今までPart3,Part4の長文になると耳をふさぎたくなっていたのですが(全然わからないので)今回は逆にPart2の短文の方がストレスでした。長い文の方が(全部は聞き取れないけど)雰囲気がわかりやすいというか。

リーディングの長文では多読の効果が少しは出るかな?と思いましたが、多読で読んでる本はまだ子供用なので、TOEICのビジネス文とは使う言葉が違うので効果はあまり感じられませんでした。
これからもっとたくさん読んでいけば効果がわかるのかもしれません。

でも、この本はしっかり何度もやれば点数を上げるのに有効だと思いました。
5年以上のブランクにもかかわらず、前回受けたときよりも今回の模擬試験の方が点数が良かったのですから。

とりあえず、しっかり復習して試験に備えたいと思います。


上の記述とは矛盾するようですが・・・
図書館にあった酒井先生の本を借りてきました。


まだちらっとしか読んでないのですが、解決編「絵からはじまる」「澄んだ水をたっぷり」を読んで、少し迷いが生じています。今、多読はもちろん楽しんで読んでますが(楽しくなかったら仕事の後の疲れた頭で読めません)語数を稼ぐことにとらわれて、自分のレベルよりも高いものに手を出してるんじゃないかな?と。

実は私、文字数の少ない絵本の方が読みにくいのです。
絵から自然に英語を吸収する、という過程を経ずに、つまり基礎を固めずに上に積んでるんじゃないかと。。。
でも迷っていても進まないですね。Happy Reading!の気持ちは忘れず、これからは絵本もたくさん読んでいこうと思います。




関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/14-87350fd0
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。