草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harry Potter and the Philosopher's StoneHarry Potter and the Philosopher's Stone
(2000/02)
J. K. Rowling

商品詳細を見る


(YL8.7 語数77,000 面白かった度★★★★★)

ハリーポッター読み終わりました!
約2週間で読めました。折り紙にはまっていなかったらもう少し早かったと思いますが…(^^;
まさかハリーポッターを読めるようになるとは~と感無量です。

さすがベストセラーだけあって楽しく読めました。読み始めの印象は実写版ドラクエみたい(苦笑)だったのですが、ゴブリン、ポーション、エリクサーという言葉使いからするとファイナルファンタジーの方が近いですね。
もう少しで読み終わり…というこの週末にDVDを借りて見ましたが、話のだいたいの雰囲気は合っていたので細かいところはわからないまでもあらすじは追えてるのだな、と安心しました。

(今までの総語数:1,753,806語)


少し内容に触れるので続きで。



私は学校に入るまでのエピソードの方が楽しく読めました。
一番好きだったのは入学準備の買い物でwandを買うシーン。
色んな種類、色んな長さのwandを試して、最後にぴったりのが見つかるところが好きだったのです。

このシーンを読んだ後、ハリーポッター好きの会社の方に「私も自分用のウォンドが欲しいわ」と話したら
「ウォンドって何?と」返されまして・・・・

ウォンドはウォンドですよ、と言ったのですが、普通の人には「ウォンド」は通じないのですね。
先が白い短い棒で、手品ではおまじないに使ったり、そのまんま「ウォンド」という演技でこの棒を出したり消したり増やしたりするのですが。

映画を見たら、wandは「杖」と訳されてました。杖だと長い棒のイメージがあるのですが・・
そして映画を見たらちゃんと私のイメージと似たような短い棒の「ウォンド」を持っていて安心しました。

続きに書いた割には、本題と全然関係ない話でしたね(^^;

あと不思議な帽子をかぶって寮を決めるシーンもドキドキしました。ちょうど朝の電車で読んでいたので、ハリーと同じ気持ちになって「ロンとハーマイオニーと同じ寮になって嬉しい!」と楽しい気持ちで会社に行くことができました(苦笑)。

これ以降の巻は語数もレベルも高くなるようですが、少しずつ挑戦したいと思います。
関連記事
読了おめでとうございます!
ハリポタを読み終えると、やはり感動しますよね~。
この厚さの本を読めたってことが自信に繋がりますし。

ああ、お買い物のシーン、ハリーと同じく初めてのことで、わくわくしますね。
この後の巻も、ぜひぜひ読みましょう~!私ももうちょっとしたら3巻に挑戦したいと思います。
2010/03/02(火) 22:17:35 | |しろぱん #Q/SQLtaA[ 編集]
しろぱんさん♪
ありがとうございます~!
ほんと、レベルも厚さもあったので読めたことに満足です。
この後の巻もおもしろそうですね。しばらく休憩してから挑戦します。
2010/03/05(金) 12:12:01 | |いちごパンダ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/148-c57163b3
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。