草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest LessonTuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson
(2003/07/24)
Mitch Albom

商品詳細を見る


(YL5.5 語数34,000 面白かった度★★★★)

モリー先生との火曜日。英語耳で紹介されていていつか読みたい…と思っていたのですが、図書館でぱらぱら見ていたら読めそうな気がして借りてきました。
大学の教師であるモリー先生と、かつての教え子である主人公。モリー先生はALSという病気にかかってだんだん弱っていきます。モリー先生のインタビュー番組を見たのをきっかけに、この主人公は16年ぶりに先生を訪ね、それから毎週火曜日に先生と話をすることになります。

当然のことだけど、物語が進むにつれて弱っていくモリー先生。でも先生は死を受け入れ、いろいろとためになる格言(アフォリズム)を残します。
死期が迫っていることをわかりつつすごす日々はどんなものなのか…

テーマは重いけど、不思議とそんなに暗い気分にはならず、モリー先生のように淡々と色んなことを受け入れて読むことができました。


関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/190-b5318f48
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。