草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府大の図書館でGRをたくさん借りてきたのですが、GWに最初に読み終わったのは市の図書館で借りてきたThe Witchesでした。

(語数:36547、YL6.5、総語数:41,7644語)

BBC Bigtoeで音声データをダウンロードしていたので、読めるかどうかわからないけどとりあえず借りてみたのです。

読み始めたらすごく楽しい!テンポの速い音声データの影響があるのかもしれませんが、リズミカルな文章で、わからないところもスイスイ飛ばしてほんとに楽しく読めました。

主人公の男の子は、おばあさんから魔女の話を聞きます。
魔女は人間の女性の格好をしていて、ぱっと見ただけでは魔女とはわかりません。
魔女は子供が嫌いで、魔法で子供を動物や石に変えたり、絵の中に閉じ込めたりします。

おばあさんの話は怖くって、「そんなのうそだよ!」と男の子が叫ぶあたりからもう気持ちは主人公と一体になって物語の世界にぐいぐい入り込んでしまいました。
チャーリーとチョコレート工場よりもこちらの方が面白かったです。

話がわかったので、これから音声データも聞いていきます。テンポが速いのでシャドーイングは難しそうですが…

ちなみに、私が音を聞くのに愛用しているツールはトークマスタースリムです。

ラジオ講座の予約録音もできるし、BBC BigtoeAudible等のインターネットからの音源はライン入力で本体に録音できるのでとても便利です。(Audibleの視聴データは結構長いので、無料音源として利用しています。)

関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/24-8a551d58
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。