草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

Lily AloneLily Alone
(2012/01/02)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る


(YL5.5? 語数:約57,000)*正確な情報がないので推測値です。

ようやく読み終えました。

Little Darlingのおまけとしてついていた最初の方の話が面白そうだったのですが、その当時はまだ予約でしか購入できなかったのでKindle版を購入して読みました。
普通の本の方が「読んでる」感があって良いのですが、KindleにはKindleの良さがあって、お店でご飯を食べながら、とかお酒を読みながら、という時にはKindleの方が断然読みやすいのです。カウンターの向かいのお兄さんが忙しそうな時は1人お酒を飲みながらKindleで読書し、お兄さんが暇そうになったら本の話題をきっかけに話をする、なんてちょっと良いでしょ。
普通の本だと読んでる途中はページを開いて押さえておかないといけないし、お兄さんが暇になった、と思ったらしおりを挟んで閉じなきゃいけないし…と忙しい。

で、お兄さんと話しているとついついもう一杯…と飲み過ぎてしまうのでした。(2週連続同じお店に行き終電ぎりぎりまで飲んでいたという…orz)

以上、全然書評ではなくなってしまいました。すみません。

本の内容はいかにもJacqueline Wilson!という感じ。Illustrated Mumに似た雰囲気で、いったいこれからどうなるの!?という好奇心でぐんぐん読み進むことができます(その割に読むのに時間かかってますが)

ただ、Illustrated Mumと違うのはMumが途中からほとんど登場しなくなるのです。Illustrated Mumの話はあまり覚えてないのですが、あちらはどっちかというとMum目線で読んでて「わかるわ~」という感じだったのですが、この本はどうしてもLily目線で読んでしまうので、無責任なMumに苛立ち、Lilyの頑張りに涙…という感じでした。

3人の男性と結婚して4人の子供を産み、最後の配偶者と死に別れた後落ち込んでいたMum。気晴らしにいったバーで年下の彼氏と出会い一瞬で恋に落ちて朝帰り。次の日のデートに備えて新しいドレスを買いに行く…ところまではまあまあ共感できたのですが、4人の子供を置いて年下の彼氏と一緒にスペインに行っちゃうのはダメでしょ(怒り)。家にはお金も無いし食料もあまり残ってない。助けを求めたくても、助けを求めたらMumは捕まってしまい、兄弟は施設に入れられてしまう。Mumが帰ってくるまでの一週間どうやって過ごそうか…とLilyが奮闘する、という話です。

あまり書くとネタバレになりますが最後付近で「終わり良ければすべて良しってこと!?」と一瞬憤りました。
でもそこはJacqueline Wilson。単純なHappy Endではなく、でも将来のHappyを感じさせる終わり方でした。

次はかなりレベルが高いけど天使と悪魔を読もうと思ってます。翻訳版は読んだし映画も見たので少々読み飛ばしても話にはついていけるかなと。
Angels & Demons (Robert Langdon)Angels & Demons (Robert Langdon)
(2006/03/28)
Dan Brown

商品詳細を見る

本は既に購入していましたが、重くてかさばるのでKindle版を買いました。Audible音源も買って、MP3用に変換してWalkmanに入れて準備は完了。

最初の数章を読み始めたところですがAudibleの声は割とゆっくりで聞きやすいです。でも理解不能な単語多数で、ほとんど記憶の中の翻訳本を思い出して補ってる感じです。読んだ、というより一通り目を通した、という感じになるかもしれませんが少しずつ読んでいきます。






関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/285-6df285df
トラックバック