草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



子供の頃、親が子供向けの童話全集を買ってくれました。全部で20冊くらいあって、アンデルセン物語などのお話がいろいろ入っていました。漢字にはふりがながふっていたので、小学校に入る前でも読むことができました。

その中で私が一番好きだったのが長くつ下のピッピちゃん。本棚に並べると、他の本は綺麗なのに長くつしたのピッピだけはボロボロになってました。

どんな話だったのかは全然覚えていませんが、ボロボロになった本はかなり長い間実家の本棚に置いていたので「ピッピちゃんが好きだった」という記憶だけは残ってます。私の読書好きの原点ともなった 思い入れのある本です。

多読を始めた頃に図書館でこの続編の「Pippi in the South Seas」を見つけてピッピちゃんを懐かしく思い出し、いつかピッピちゃんを原書で読んでみたい…と本を買っていました。

実は「Pippi in the South Seas」はその頃借りてみましたが、全然読めなくて最初の数ページで挫折しています。

その後、児童書をいろいろ読むようになって、そろそろ読めるかしら?と読み始め、途中図書館から借りた本を優先して中断したりしましたがようやく読み終えました。

ピッピは明るくて力持ちの女の子。お母さんは亡くなり、元船長だったお父さんも行方不明で、子供なのにたった一人で住んでます。
隣にすんでいる男の子と女の子の兄弟はピッピが大好きで、ピッピと一緒にお茶を飲んだり遊ぶのを楽しみにしています。

全部読みましたが、やっぱりあまり覚えていませんでした。
全部で11の話が入っていますが、私が読んだ本にはこの中から数個が入っていただけなのかもしれません。

唯一覚えていたというか挿絵を見て思い出したのはパンケーキを焼いているシーンと学校の床にウマの絵を描いているところ。大きなウマなのでしっぱを描こうとすると廊下にまではみだしてしまう、というのはあったような気がします。

でも子供の頃の私がなぜこの本をそんなに気に入ったのかはわかりませんでした。
パンケーキが美味しそうだったからかしら・・・

(語数:26,000語、面白かった度★★★ 総語数:517,371 )

50万語通過しました。思い入れのある本で通過できて嬉しいです。



関連記事


いちごパンダさん、おはようございます^^
Pippi読まれたんですね。
私は以前図書館から借りてきて、数ページ読んで投げました。。。
スウェーデン語からの英訳なので、意外と難しいといわれていますよね。
もう少し、英語に自信が付いたら、再チャレンジしてみようかしら^^

リンクしていただいてありがとうございました。
こちらからも、リンクさせていただきますね^^
これからも、宜しくお願いします♪
2009/05/18(月) 10:01:34 | |リッカ #-[ 編集]
リッカさんへ
ピッピの原語はスウェーデン語だったのですか・・知らなかったです。
ちょっと読みにくい文でしたが、イラストが所々に入っていたのでこんな雰囲気?と読み飛ばしてました。

リンクありがとうございました。こちらこそ宜しくお願いします。
2009/05/18(月) 23:33:55 | |いちごパンダ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/32-c5b11685
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。