草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私が初めてMarvin君を読んだのは「Why Pick on me」でした。marvin君は周りからいじめられたりしてちょっと頼りない印象だったのですが、この本ではすっかり成長してたくましくなってました。
先生が旅行に出る間の留守番を頼まれたMarvin君。友達のひやかしにもめげず頑張ってます。今まで読んだシリーズの中で一番良かったです。

(語数:6,698 総語数:670,946 面白かった度★★★★)



こちらは大好きなMajeika先生シリーズ…なのですが、この本はイマイチでした。タイトルにあるschool book weekでやってくる有名な作家の先生は少女趣味で面白みがないし、魔法もあんまり出てこない感じで。読んだ時期もわるかったのかもしれませんが、ちょっと読みにくかったです。

(語数:8,500 総語数:679,446 面白かった度:★)
関連記事

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/49-071d9173
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。