草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大事に読みます…と書きましたが、読み始めたら楽しくて気づいたら6冊とも読んでしまいました。お菓子を食べ始めたらやめられなくなる感じでしょうか。
The Kidnappers
Viking Adventure
Day in London,A
Victorian Adventure
Rainbow Machine,The
Flying Carpet,The
の6冊が入ったこのセット、Day in London,A以外はMagic Keyで冒険に出る物語です。
ORTを読むのは初めてですが、「イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ」でMagic Keyを見つけるエピソードを読んでいたので違和感無く話に入れました。魔法で冒険に出かけるという設定はMagic Tree Houseに似てますね。
ロンドンに行った後、Magic Keyで昔のロンドンに行ったりして、緩やかに話が繋がってるのが面白い。

またThe Kidnappersではクマたちの世界に行くのですが、そこで描かれている「有名なクマ」がどう見てもパディンドンでした。これって良いのかな?

そして絵を見ててあれっ?と違和感を感じたのが靴。部屋の中で子供たちがくつろいでるときに、靴をはいてるんですねー 
寝るまで靴ははきっぱなしなの?とかベッドに入るときは靴はどこに置くの?とか色々考えてしまいました。

レベル0.8ですが、知らない単語も所々にあってへへーっと思いました。もう少し下のStageも買ってみようかな…





関連記事


いちごパンダさんこんばんは^^
私、ORTも好きです♪
といっても、まだStage2までしか読んでないんですけどね(^^;
文化とか、色々分かって面白いですよねーe-266
そういえば、アメリカにホームステイしてるとき、寝る直前まで靴履いていましたよー。
日本人の私にとって、シャワー入った直後から靴履くのが違和感ありました~。
2009/09/15(火) 19:15:03 | |リッカ #-[ 編集]
リッカさん:
アメリカでは寝る直前まで靴を履いてるのですか…
シャワーを浴びたあとにまた靴を履くのは違和感がありますが、アメリカの人にとっては下着をつけるような感覚なのでしょうか。

文化の違いって面白いですね。
2009/09/17(木) 23:10:08 | |いちごパンダ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://caomeixionmao.blog20.fc2.com/tb.php/79-c7181221
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。