草苺熊猫 洋書多読で英語学習

洋書多読を中心にした英語学習の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AudibleからダウンロードしたWho Was Abraham Lincoln?がようやく聴けるようになったので、次にこれを聴き読みしました。

Who Moved My Cheese: The 10th Anniversary EditionWho Moved My Cheese: The 10th Anniversary Edition
(2009/01/06)
Spencer Johnson

商品詳細を見る



邦題は「チーズはどこへ消えた?」かなり前に流行りましたね。その時は読んでなかったのですが…

音声データはゆっくりはっきりした発音なので初心者にも聴きやすいです。
そして本の方も文字数が少なく、若干難しい単語も出てきますが概ね簡単な英語です。

聴き読みだと、少し音声が遅くていらっとする感じですが、本を読む前に音声だけ聞くと話がよくわからないんですね。
何故だろう?と思ったのですが、本だけ読んでいる時には、わからないところがあると立ち止まって全体としてはかなりゆっくりのスピードになっていることに気づきました。
だから一定のスピードで読んでいる音声データだとついていけなくて理解できないのです。
1時間少しなので、もう1~2周聴き読みして見ようと思います。

肝心の物語の内容ですが、一言で言えば変化をおそれず、柔軟に対応する、ということでしょうか。

読んでいると胸にぐさぐさきました。
変化に対応できないでチーズステーションCにしがみついていたら、いつまでたっても新しいチーズに出会えない。

Move with the Cheese!

力強いメッセージでした。英語の勉強とかは抜きにしても読んで良かったです。

(YL4.0 語数13,000 面白かった度★★★★★)

Audibleに入会して数ヶ月たちました。
最初にダウンロードしたのはgreeng さんのaudible.comのaudiobook紹介ブログで初心者にお勧め、と書かれていたRich Dad Poor Dad。
でも私にはまだ難しすぎたようです。読むスピードはそんなに速くないのですが聴くだけではあまり内容がわからい。後回しにしようと思いました。

なのに、次にダウンロードしたのは先日の記事にも書きましたがHow to Win Friends & Influence People。
これももちろん聴くだけではわからないだろうと、翻訳本を読んで、さらにKindleで原書も入手しました。
英語の勉強をしながら自己啓発にも役立つなんて一石二鳥!と意気込んだのですが…
how20to20win20friends20and20influence20people.png
How to Win Friends and Influence PeopleHow to Win Friends and Influence People
(2010/04/27)
Dale Carnegie

商品詳細を見る


まず聴き読みで挫折。Kindleにオーディオブックと本の両方を入れると聞きながら読むのはできないんですね
だいたい同じペースになるように、読んでから聞く…を繰り返したり、Audibleを聞けるようにipodを買ってみたりしましたが、そもそもの本のレベルが難しすぎました。読んでいてもわからない単語が多くて翻訳本を読んだにも関わらずよくわからない箇所が多くて。

そもそもAudibleを始める前にイメージしていたのは、聴くだけで理解できること。
歩きながらでも編み物をしながらでも本を読めたらたくさんの英語を吸収できますよね。

なので、背伸びせずにレベルをぐぐっと下げることにしました。
選んだのはHow to win friends…でも紹介されていたリンカーンの伝記です。
Who Was Abraham Lincoln? (Who Was...?)Who Was Abraham Lincoln? (Who Was...?)
(2008/11/20)
Janet Pascal

商品詳細を見る


これはスピードもゆっくりで単語もそんなに難しくなくだいぶ理解しやすそうです。
でも本がないとやっぱり全部はわかりません。
本の最初の方はKindleの無料サンプルをダウンロードして聞き読みしたのですが(これはkindleで一番便利な機能だと思います)これだとすらすらわかるのに、本が無い章になると、油断するとなんだか分からなくなってしまいます。
とりあえず1回通して聴き終わったので、何度か繰り返し聴いてみます。
Who wasシリーズは英語以外にも色々勉強になるし、Audibleだと数ドルで買えるので初心者には良いのかもしれません。リンカーンが理解できるようになったら他の人のも買ってみたいです。

BBC BIG Toe BooksでMrs Frisb and the Rats of NIMHの音声ファイルが公開されています。(公開は11/26まで)

ちょうど読み終えたばかりなので、記憶が残っているうちに…と聴いてみました。
スピードはゆっくりめなので数回聴いているとなんとなくわかる感じです。

まずは本を片手に聴き読みして、慣れたら本無しで物語の世界に入っていけたらな…と思ってます。

同時期にJacqueline WilsonさんのThe Suitcase Kidの音声も公開されています。
こちらはかなり早口です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。